【レビュー】Huawei Active Noise Canceling Earphones 3

HuaweiのActive Noise Canceling Earphones 3です。
普通に買うと5,000円ほどするはずなのですが、未使用品がメルカリで2,500円と、かなり安くなっていたので購入しました。
特徴はType-C入力とバスパワーのノイズキャンセリング、ハイレゾ対応です。

イヤホンのノイズキャンセリング機能、実はType-Cとの相性が非常にいいんです。

これまでの有線ノイズキャンセリングイヤホンはバッテリーを搭載していて充電が必要でした。

Xiaomiの3.5mm ANCイヤホン - https://www.mi.com/earphone3-5
これでは充電が面倒なだけでなく、リモコン部分が重くなってしまうという問題もありました。

そこでType-Cの出番です。
Type-Cにはバスパワーがあるのでその場で給電できます。
Type-Cイヤホンの誕生によって、有線ANCイヤホンの使い勝手が格段に向上したのです。

それでは開封していきましょう。
目次

開封

外観

ハイレゾの認証も取得しているようです。

同梱品はこんな感じ。

こんなにいろんな言語で書いてあるのに日本語がないって逆に凄い。

型番はCM-Q3です。

本体

箱はマグネット式で高級感があります。

開くとこんな感じ。

本体。

カナル型です。
ハウジングは大きめ。

楕円形のイヤーピースは社外品を選べないとかいろいろ言われてますが、僕の耳には超ぴったりだったので個人的にはGOOD。

イヤホンジャックがなくても大丈夫。

音量、再生・一時停止が操作できます。右側面についているスイッチはノイズキャンセリングのスイッチです。

付属品

付属品はこんな感じ。
紙類とイヤーピース類とクリップ。

イヤーピース類はもともとついているものも合わせてイヤーチップ4種類、イヤーバズ3種類。

クリップにはHUAWEIロゴも入ってます。

使ってみた感想

丸一日使った時点での感想を書きます。

音質

音質はいい意味で値段相応。
同価格帯のノイズキャンセリングのないイヤホンとはそん色のない音が出ていると思います。
ノイズキャンセリングがついていることを考えればコスパは良いのかも。

ハイレゾ対応のイヤホンって解像感重視の音になりがちなイメージがあったのですが、このイヤホンはそうでもなくて、解像感もしっかり保ててはいるんですが、比較的柔らかい音が出ていると思います。
低音もよほどの低音好きでない限りは満足できるくらいに出ているとは思います。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセルは無音...とまでは行きませんが、そこそこ効いてくれます。
主に低~中音域のノイズが除去できています。

バスでの感想

北海道中央バス - Ssb-519 at Japanese Wikipedia [CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)]
バスのエンジン音は、ほとんど気にならないレベルまで抑えてくれました。
ドアの開閉音や、車体が揺れたときなどの音はほとんどカットされず普通に聞こえました。

地下鉄での感想

地下鉄でも、モーター駆動音はほとんど聞こえなくなりました。
低音のノイズを中心に除去してくれるおかげで、車内アナウンス等が聞き取りずらくなることはありませんでした。
ノイズキャンセリングは強すぎないくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

全体としてはノイズキャンセリング特有の風切り音が気になりました。
また周りが静かな弊害として、ケーブルが服に擦れたときのタッチノイズも気になりました。
ただそれ以外は概ね問題ないと思います。
ノイズキャンセリングは室内や車内で座っているとき向けですね。

マイク

マイクは風切り音除去などいろいろ謳っていますが、そんなに良いとは感じませんでした。
まあ、無いよりはあったほうがいいですね。

総評

Type-Cイヤホンの中ではかなりいい部類だと思います。
ノイズキャンセリングでType-Cの良さも生かせています。
「バスパワーでノイズキャンセリングが使える」というのはかなり大きなアドバンテージだと思うので、イヤホンにちょっとだけお金をかけてみたい。という方に是非使ってみてもらいたい製品でした。

コメント

人気の投稿

【非Root】 Android版Minecraftのワールドデータをアプリ領域から取り出した話

超おススメMMORPG「トーラムオンライン」(再掲)

【2020年3月版】nanaの楽曲をダウンロードする方法